カテゴリーアーカイブ: 他の歴史関係事業

長崎学ネットワーク会議学習会中止のお知らせ

長崎史談会だより1月号とともにお知らせを同封いたしました1月19日開催予定の「令和2年度第3回長崎学ネットワーク会議学習会」は、新型コロナウイルス感染防止のため中止になりました。大分県先哲資料館の櫻井成昭主幹研究員が「19世紀の長崎と豊後国の医療と医学」と題して研究報告される予定でした。

世界遺産登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」特別講演

国宝「大浦天主堂」で今月世界遺産に正式登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の価値とは何か?をテーマに特別講演会が開催されます。

日時:7月15日(日)午後7時~8時30分

場所:大浦天主堂 堂内

講師:①岩田正嗣氏(長崎県世界遺産登録推進課)「ユネスコが認める普遍的価値」

②古巣馨氏 (神父)「カトリック教会から見た意義」

参加無料ですが、会場の都合上先着順です。